スーツケースの骨格にあたるのが、フレームです、鉄・アルミ・マグネシウム等の金属で出来ています。 フレームが曲がってしまうと、開け閉めがしにくくなり、酷い場合は閉じる事が出来なくなります。
 フレームは曲がっている箇所だけを直しても、全体のバランスが整っていなければ、きちんと開閉できません、必ず全体的な修正をおこないます。
 きれいに修正できたときは、スーツケースを閉じる際にフレーム同士がまっすぐかみ合って、「バフッ」とスーツケース内の空気が均一に外に広がります。

フレームが変形し、ボディとの間に生じた隙間ですが、様々な器具を使用して整形しました。

参考価格:7,100円(税込み)
※事例に掲載している価格はあくまで参考価格です。ご依頼品のコンディション、形状などによって変動がありますので、ご了承下さい。