修理内容

大きさや形状を問わず、あらゆる種類の楽器ケース修理に対応いたします。

楽器ケースは様々な形状の楽器に合わせて作製されていますので、あらゆる形状の金具が存在します。
まったく同じ形の部品を入手するのが難しい場合も多いのですが、可能な限り雰囲気、形状にマッチした部品を お探しした上で、修理いたします。
*以下の事例に掲載している価格はあくまで参考価格です。ご依頼品のコンディション、形状などによって変動がありますので、ご了承下さい。また、修理価格は全て税抜きとなっております。

楽器ケース:部品取替

ギターの曲線に合わせて構成されているため、繊細な造りのものが多いギターケース。
部品の取り外しや取替には細心の注意を払っておりますので、ご安心ください。

1.内装はがし

内装はがし内装を傷つけないよう丁寧に剥がします。

2.鋲抜き

鋲抜きドライバーや電気ドリルを使いロック部の鋲を外します。

3.ロック取り外し

ロック取り外し金具も完全に取り外します。

4.ロック取り付け

ロック取り付け新しいロックを取り付け、鋲で留めます。

5.内装復元、完成

内装復元、完成剥がした内装を、特殊な接着剤で接着します。

楽器ケースの部品取替:事例紹介

楽器ケースの部品取替:事例紹介

ロックの引き手部分に力が加わり、湾曲していました。ロック部のみ取り替えることで、使用上の問題はなくなりました。

  • 参考価格:8,000円(税抜)

楽器ケースの外装剥がれ修理:事例紹介

楽器ケースの外装剥がれ修理:事例紹介

劣化により楽器ケースの外装が剥がれていましたので、固定金具などで接着しました。

  • 参考価格:8,000円(税抜)

ページの先頭へ

スーツケース修理、ハンドバッグ修理の見積りはこちら