修理内容

スーツケースの破損部修理はもちろん、色や風合いの再現にまでこだわります。

スーツケースは容量も大きく、荷物も含めるとかなり重量があるため、物理的な力が加わると破損してしまいます。
当社では、熟練を要する破損部の溶着技術をはじめ、修復材料、工具に至るまで、修理に関するあらゆるノウハウを、毎日の作業を繰り返す中で、一つひとつ、つちかってきました。また、ボディーカラーの調合も、我々が誇る技術の一つ。デザイン化が進むスーツケースにあわせて様々な色を混ぜ、なるべく商品の風合いを再現するよう工夫しています。
*以下の事例に掲載している価格はあくまで参考価格です。ご依頼品のコンディション、形状などによって変動がありますので、ご了承下さい。また、修理価格は全て税抜きとなっております。

スーツケース:割れ、亀裂の修理

修理依頼の中でも、一番多いタイプの損傷です。
スーツケースの内側に補強材を入れ、表面を溶着(プラスチックにおける溶接)します。その後、研磨し塗装。
破損部を補強することにより、強度も以前と同程度に復元できます

1.部品をはずす

部品をはずす裏から補強材を貼るために、ダメージを受けた周囲の部品を外していきます。

2.下地処理

下地処理補強材を綺麗に貼り付けるため、下処理として、内装材を付けるためのボンドを剥がします。

3.熱処理

熱処理補強材を貼り付けた後、割れている部分を半田ゴテを使って熱処理をします。

4.研磨

研磨熱処理の後、表面を滑らかにするために研磨し、仕上げていきます。

5.塗装

塗装マスキングテープで保護し、下塗りで模様を再現します。さらにボディの微妙な色合いを再現するために様々な色を混ぜ、上塗りします。

6.内装材をもどし、完成

内装材をもどし、完成いったん取り外したパーツを取り付け、剥がした内装材を両面テープなどで綺麗に貼り付けて完成です。

スーツケース・割れ、亀裂の修理:事例紹介

スーツケース・陥没の修理:事例紹介

陥没し割れていましたが、熱をあてて整形することで、違和感のない状態まで修復しました。

  • 参考価格:6,000円(税抜)

スーツケース・ボディの割れの修理:事例紹介

ボディが割れてしまっても、裏から補強し塗装することで、元に戻すことが可能です。

  • 参考価格:5,500円(税抜)

スーツケース・割れ、亀裂の修理:その他事例紹介1

スーツケース・ボディの割れの修理:事例紹介

キャスター付近のボディ亀裂も修理が可能です。

  • 参考価格:5,000円(税抜)

スーツケース・割れ、亀裂の修理:その他事例紹介2

スーツケース・ボディの割れの修理:事例紹介

比較的大きめの亀裂を修理しました。

  • 参考価格:9,500円(税抜)

ページの先頭へ

スーツケース修理、ハンドバッグ修理の見積りはこちら