修理内容

鞄の補修部分が目立つことなく、自然な感じに仕上がるよう修理します。

バッグの形・素材は千差万別です。当社では各々のバッグに最適な修理を選び、提案させていただいております。
形状や素材に合った部品を使用することによって、違和感のない状態にまで修理することができます。
メーカーでは修理ができないバッグやノーブランドのバッグなども、各専門スタッフが、修理いたします。
安心してお任せください。
*以下の事例に掲載している価格はあくまで参考価格です。ご依頼いただいた鞄のコンディション、形状などによって変動がありますので、ご了承下さい。また、修理価格は全て税抜きとなっております。

ハンドバッグ・メンズバッグ:その他(留革作製)

ハンドバッグのショルダーベルト付け根付近(留革)は、バッグ自体の重みに常に耐えているため、傷みやすい部分のひとつです。当社では、元の留革の形、色に合わせて新しい留革を作製します。必要であれば補強もいたしますので、修理によって強度が落ちる心配はありません。

1.内装をほどく

内装をほどく傷んだ留革を取り外すため、内装をほどきます。

2.留革を外す

留革を外す傷んだ留革を取り外します。

3.新しい革の取り付け

新しい革の取り付け色をあわせた革を取りつけます。

4.ミシンがけ

ミシンがけミシンで元の針穴に針を通しながら、慎重に一針一針縫い付けます。

5.カシメの取り付け

カシメの取り付けカシメ(金属製の鋲)を留めます。

6.ミシンがけ、完成

ミシンがけ、完成ほどいた内装を、元の針穴をひろいながら閉じて完成です。

その他(留革作製):事例紹介

その他(留革作製):事例紹介

劣化し、今にも外れそうな金具部分の留革を新たに作製し、取り付けました。

  • 参考価格:1ヶ所 6,300円(税抜)

ページの先頭へ

スーツケース修理、ハンドバッグ修理の見積りはこちら